ロレックススーパーコピー高い実用性を誇る 現行エクスプローラーⅡ

ロレックススーパーコピー高い実用性を誇る 現行エクスプローラーⅡ
多機能モデル!エクスプローラーⅡ
1971年に初めて登場した"エクスプローラーⅡ"。探検家の時計としても知られるこのモデルは、洞窟や暗闇など野環境下でも時間が判別できるように24時間表示が装備されました。
エクスプローラーⅡの歴史を簡単にご紹介
エクスプローラーⅡの系譜をたどると、初代Ref.1655(1971年〜1987年)から始まり、約2年間のみの製造の第2世代Ref.16550(1988年〜1990年)、第3世代(1991年〜2011年)、そして第4世代の現行モデルRef.216570(2011年〜)となっています。
ファーストモデルのRef.1655は当時では個性的なデザインとされておりましたが、セールスは好調だったのでしょうか。1971年から1987年の約16年のロングセラーモデルとなっています。
第2世代のRef.16550こそ短い製造期間でしたが、続く第3世代Ref.16570も20年のロングセラーとなっており、ロレックスのモデルの中ではロングセラーの印象が強いです。
そして初登場から40周年の節目の年(2011年)に発表されたのが現行Ref.216570です。
基本デザインは変わらないものの、ムーブメントを含め、ディテールが大胆に一新されました。今回はあらためて現行エクスプローラーⅡ Ref.216570の魅力に迫りたいと思います。
前作からの変更点のひとつとして挙げられるのはケースサイズです。スポーツモデルのスタンダードな40mmケースから42mmケースにサイズアップ。
わずかな差に見えますが、実際に腕に着けると違いは歴然です。42mmとなるとロレックスの中ではヨットマスターⅡ(44mm)、ディープシー(44mm)、シードゥエラー(43mm)に次ぐ大きさになります。
ケースサイズだけでなく、インデックスや針、ラグなども大型化されて、屈強さはもちろんの事、視認性も格段にアップしています。

コメントを残す