ロレックススーパーコピー“コーラ小屋”はみんなはすべてよく買います!

2005年、ロレックス革新技術、陶磁器が取って代わる前アルミニウム小屋で、ワンピースキャスト法バイカラー陶質字小屋を作りだします。陶磁器モジュール上で2種類色が容易ではないことを現すため、ロレックススーパーコピー時計通販は最初単色陶磁器字にモジュールを閉じ込めるようにただ出すだけ、しかしずっと赤い青バイカラー“コーラ小屋”再現計画に対して諦めていません。
普通は、色形成は鉱物顔料から来て、陶磁器材質上で着色したいならば、これら顔料は高温に住んでベーキングであることを受けるに到着しなければなりません。ただ高温でベーキングでおりるため、陶磁器はようやく更に緻密になることができて、更にかたいです。しかし、赤色自身は安定的な鉱物顔料ではなくて、そためCerachromモジュールを構成しにくいです。
ロレックスは赤い青バイカラーCerachrom字閉じ込める新作グリニッジ型II腕時計プラチナバージョンによく合って発表されます。こ腕時計がハイテクに集まってと1955年にオリジナルが全身でクラシック美学を表します。外部は一致してこ色が組み合わせて陶磁器で製造することができないと思って、そためこ赤い青バイカラー“百事小屋”が出現を表すが1大衆時計謎を夢がかなわせと言えます。
グリニッジ型IIシリーズは初めて5格からくり骨カキ式鋼紀念型時計レプリカバンドと赤い青バイカラーCerachrom陶質字小屋を結び付けて、カキ式鋼赤い青色を合わせる“コーラ小屋”腕時計を出します。こ紀念型腕時計バンドはGMT前でずっと使うカキ式時計鎖に取って代わって、同時にそれとプラチナバージョン区分することができます。